不登校克服ブログ

不登校改善実績が圧倒的!!驚異的な数の親御さんから喜びの声がぞくぞくと集まっているシア・プロジェクト!!このサイトでは、そのシア・プロジェクト代表の木村優一が不登校克服に役立つ内容を全国に向けて無料でお伝えしています。

「本物の共感」の効果で不登校の子供が変わる!

 

プライベートで出会う人のなかには、こんなことを言う人もいます。

 

「私がどれだけ傷つき、苦しんだか……きっと誰にもわかりませんよ。いいんです、誰にもわかってもらえなくても」

 

そう言いながら、どこか寂しそうで、なんだかイライラしている雰囲気もあって、満たされない顔をしている……

 

そういう人もいるんですよね。

 

きっと、その人をみて「いじけている」と思う人もいるでしょう。

 

一人でいじけて、まわりと関わらないようにしている……
かわいそうな人だな……

そう感じる人も多いかもしれません。

 

不登校支援活動で出会う親御さんのなかにも、似たような人がいます。

 

「私が夫(妻)のことでどれだけ傷つき、苦しんだか……きっと夫(妻)にはわかりませんよ」

 

そう言って、夫(妻)を拒絶している親御さんもいるのです。

 

今これを読んでいるあなたも、前述の「いじけているように見える人」や「夫(妻)を拒絶している人」のようになっていませんか?

 

傷ついたことや苦しんだことに限らず、「この気持ちは自分にしかわからないだろう」と感じたことはきっと誰でもあるはずです。人間はそれぞれオリジナルの人生を生きていますから、「この気持ちは自分にしかわからないだろう」と感じることがあって当然なんですよね。

 

これはもちろん、不登校の子供も同じです。
「この気持ちは誰にもわからない」と思っているところがあります。

 

特に、「不登校になったことがない人」と「不登校になった自分」の間には大きな隔たりを感じていますから、なおさら「わかるはずがない」と感じるものです。

 

それは、相手が親でも同じ。

 

親に不登校経験がなければ、「不登校になったことがない親」と「不登校になった自分」の間に大きな隔たりを感じ、「こんな気持ち、親には絶対にわからない!!」と思うのが普通なのです。

 

ここで少し話を巻き戻しましょう。

 

今これを読んでいるあなたが「この気持ちは自分にしかわからないだろう」と感じたとき、あなたはどうすればいいのでしょうか?

 

どんなことをすれば、その気持ちは癒され、人生に制限をかけずに済み、世界が広がっていくのでしょうか?

 

 

感動的なプロセス

 

できることは色々とありますが、たとえば、先に与えてみるのも1つの方法ですよね。

 

誰かとコミュニケーションをとるとき、

 

「『この気持ちは自分にしかわからないだろう』と思っていたけど……なんだか、この人は私の気持ちをわかってくれた気がする」

 

と思ってもらえるようにコミュニケーションをとっていくのです。

 

そうすれば、「与えたものが返ってくる」のメカニズムで、そのうち自分も同じ体験をするでしょう。

 

自分自身も、

 

「『この気持ちは自分にしかわからないだろう』と思っていたけど……なんだか、この人は私の気持ちをわかってくれた気がする」

 

と思う体験をする日がやってくるはずです。

 

これってスピリチュアルな話に思えるかもしれませんが、現実的なことなんですよね。

 

「『この気持ちは自分にしかわからないだろう』と思っていたけど……なんだか、この人は私の気持ちをわかってくれた気がする」

 

そう思ってもらえるように誰かとのコミュニケーションをとっていく過程で、心の距離が近づく実感が湧いてくるものです。

 

さまざまな想像を働かせて相手の気持ちを理解しよう(共に感じよう)としているうちに、自分自身の心の容量が広がり、その広がったぶん相手との心の距離が近づきます。

 

その近づく過程で、

 

「もしかしたら、ある種の偶然性で、理解できないはずの他者の心が理解できることもあるのかもしれない

 

と感じられてくるでしょう。

 

すると、「この反対の立場も経験できるはずだ」と確信し、「共感を受け取る器」ができあがってくるのです。

 

そうして「共感を受け取る器」ができてくるので、

 

「『この気持ちは自分にしかわからないだろう』と思っていたけど……なんだか、この人は私の気持ちをわかってくれた気がする」

 

と思う日がやってくるんですね。

 

錯覚であっても幻想であっても「自分の気持ちをわかってもらえた気がする」という体験をすると、人は癒され、制限が解除され、自分自身の世界が広がっていきます。

 

そのプロセスは、とてつもなく感動的なものです。

 

 

このコミュニケーションが有効!

 

さて、前述で下記の話をしたことを覚えているでしょうか?

 

>誰かとコミュニケーションをとるとき、

>「『この気持ちは自分にしかわからないだろう』と思っていたけど……なんだか、この人は私の気持ちをわかってくれた気がする」

>と思ってもらえるようにコミュニケーションをとっていくのです。

 

ここを読み、「どうすれば、そういうコミュニケーションがとれるの?」と疑問に思った方もいるかもしれません。

 

もし、疑問を放置したまま思考が止まっていた方は、不登校対応力がまだまだ身についていないはずですし、依存的になっている可能性が高いはずです。

 

ここでは、補足情報としてヒントをお伝えしましょう。

 

「『この気持ちは自分にしかわからないだろう』と思っていたけど……なんだか、この人は私の気持ちをわかってくれた気がする」

 

そう思ってもらえるように誰かとのコミュニケーションをとりたいなら、まずは相手の話をしっかりと聴くことが大切ではないでしょうか。

 

相手の話をしっかりと聴いていない段階で「わかる、わかる」と言っても、「わかるわけがない」と思われますよね。

 

イメージしてみてください。

 

あなたに深刻な悩みがあって、それを誰かに聴いてもらいたくて、実際にそれを誰かに話したとします。

けれども、話し始めてから1分もたたないうちに話をさえぎられて「わかる、わかる」と言われたら……

 

「わかるわけないでしょ!!」と思いませんか。

 

それが普通です。話を十分に聴いてもらえていない段階で「気持ちをわかってもらえた気がする」と思える人は、なかなかいません。

 

ですから、あくまでも1つのヒントですが「先に話をじっくりと聴いてあげる形でコミュニケーションをとる」という方法も参考にしていただけたらと思います。

 

 

このミスをなくすだけでも不登校脱出可能性が高まる!

 

ここまで読み、大切なことに気づき始めている親御さんもいるでしょう。

 

前述の次の部分が引っかかっている親御さんです。

 

>話し始めてから1分もたたないうちに話をさえぎられて「わかる、わかる」と言われたら……

>「わかるわけないでしょ!!」と思いませんか。

 

この部分を読み、

 

「やばい、これに近いミスを不登校対応で何度もつづけてしまった……」

 

と冷や汗をかいている親御さんもいるはずです。

 

そうなんですよね。
多くの親御さんが、この重大なミスを不登校対応で繰り返してしまうのです。

 

1分もたたないうちに子供の話をさえぎる親御さんは少ないかもしれませんが、子供が十分に話していない段階で子供の話をさえぎって「わかるよ」と言ってしまった経験がある親御さんは多いはずです。

 

「気持ちはわかるけど……」

 

「その気持ち、わかる!」

 

「わかる、わかる、お母さん(お父さん)も前に似たようなことがあった」

 

……などなど、表現に違いがあっても「わかる」と伝えてしまっている点では同じ。子供の話を十分に聴いていない段階でそういった言葉を言ってしまえば、子供は「わかるわけがない!!」と感じるだけです。

 

そうして「反発するような気持ち」が蓄積するとともに、「誰にも自分の気持ちはわかってもらえないんだ……」と何度も落ち込み、だんだんと閉鎖的になっていくため、不登校悪化に向かってしまうんですね。

 

親が「わかる」と言えば言うほど(「わかる」と言っているに等しい言葉を言えば言うほど)子供の状態が悪化し、不登校が長期化していくのです。

 

これが、多くの親御さんが“親の力”で不登校悪化に向かわせている現状です。

 

こういったミスを今まで繰り返してきた親御さんは、今後、そのミスを繰り返さないようにしましょう。

 

そのミスを繰り返さなくなるだけでも、子供が不登校脱出に向かう可能性がグンと高まります。

 

 

不登校の子供が劇的に変わる!

 

前述で、私は次のように書きました。

 

>錯覚であっても幻想であっても「自分の気持ちをわかってもらえた気がする」という体験をすると、人は癒され、制限が解除され、自分自身の世界が広がっていきます。

>そのプロセスは、とてつもなく感動的なものです。

 

このプロセスが「不登校の子供」に起きたら、その子はどうなるでしょうか?

 

癒される=パワーアップする

 

まずはこのパワーアップ効果で、不登校脱出に向かう可能性が高まるでしょう。

 

エネルギーが有り余っている状態をイメージしてみてください。
エネルギーが有り余っていたら、学校に行きやすくなると思いませんか?

 

そのエネルギーが有り余る状態に近づけるのが「癒やしによるパワーアップ効果」で、その癒やしをもたらすのが「自分の気持ちをわかってもらえた気がする体験」なのです。

 

制限が解除される=開放的になる

 

制限が解除されるとそれまでの閉鎖的な心の状態(閉鎖的な生き方)をやめ、開放的になっていくでしょう。心と生き方が開放的になれば良好な人間関係が築きやすくなり、その人間関係構築力は不登校脱出の追い風になります。

 

「自分の気持ちをわかってもらえた気がする体験」は子供の制限を解除し、開放的にし、不登校脱出に向かわせるのです。

 

自分自身の世界が広がる=学校に行くことも検討し始める

 

「自分の気持ちをわかってもらえた気がする体験」によってパワーアップし、開放的になり、自分自身の世界を広げていくと「さまざまな選択肢」が見えてきたことによって「学校に行く選択肢」も落ち着いた心で検討することができます。

 

その“検討”は確実にその子のメリットになりますから、その点においても「自分の気持ちをわかってもらえた気がする体験」は有効なんですね。

 

“本物の共感”で不登校の子供が劇的に変わる事実、ご理解いただけたでしょうか。

 

 

 執筆者:シア・プロジェクト代表 木村優

 

 

不登校の子供を持つ親御さんからの喜びの声、日本一!! シア・プロジェクト代表、木村優一のオリジナルメルマガ(無料)は別サイトで登録できます。

 

⇒ オリジナルメルマガ(無料)の登録   

 

オリジナルメルマガは「まぐまぐ!」とは別内容となります。

下記の3点が配信されます。

 

1.オリジナルメルマガ「お母さん、ありがとう!」(自動配信)
2.不登校対応力向上 ~3週間プログラム~(自動配信)
3.木村優一の最新情報を配信(不定期・木村優一が手動配信) 

 

ご登録の際には、メール受信ができない設定になっていないか、ご確認ください。

 

せっかくお申込いただいたのに、こちらからの配信が届かないケースもございます。ご入力いただいたメールアドレスになんらかの受信拒否設定をしている場合、こちらからメールを送りたくても送れない状態になりますので、ご注意ください。

 

(特に、ドコモの携帯メールアドレスでお申込になる方、ソフトバンク携帯で迷惑メールブロック設定を「強」にしている方は、ご注意を!!)

 

正常にご登録いただけた場合、ご登録後すぐに自動返信メールが届きます。

 

自動返信メールは迷惑メールフォルダなどに入ることもありますので、必ず、迷惑メールフォルダまでご確認ください。

 

自動返信メールがどのフォルダにも届いていない場合、そちらでブロックされている可能性があります。

⇒ 1step-m.com のドメインを受信できるように設定してください。
⇒ gmail.com のドメインを受信できるように設定してください。

上記を参考の上、迷惑メールブロック設定を変更後、再度お申し込みください。
それでも配信されない場合には、他のメールアドレスでお申し込みください。

 

お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

⇒ オリジナルメルマガ(無料)の登録  

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

Twitterでも不登校対応のポイントをお伝えしています☆

 

twitter.com

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*: 

 

↓ シア・プロジェクト代表 木村優一の日記 

note.mu

木村優一 (不登校解決カウンセラー) (kimurayuuichi)|note 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

 もう1つのブログは、こちら 

ameblo.jp

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

 

シア・プロジェクトのHP→ 不登校対応の支援と相談

 

スマホ表示はこちら↓↓↓ 

fu-toukou.hateblo.jp

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:

  

シア・プロジェクトの新しいホームページ

不登校対応支援機関 SIA PROJECT 

www.futoukou24.jp

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*: